社会保険労務士の難易度

社会保険労務士の難易度について

今回社会保険労務士の通信教育について話をしてきましたが、
その理由としては、試験の難易度が高く独学で合格するのが困難だからです。

それでは社会保険労務士の難易度がどのくらい高いのか理解するために
以下をご覧下さい。

平成20年 7.5%
平成21年 7.6%
平成22年 8.6%
平成23年 7.2%
平成24年 7.0%
平成25年 5.4%
平成26年 9.3%
平成27年 2.6%

上記は社会保険労務士の過去6年の合格率ですが、
毎年1桁台なのがわかります。
さらに言うと、社会保険労務士の受験者は、基礎学力が高い人が多く、
受験者のレベルも高くなります。

また、社会保険労務士は、試験科目が8つもあり、
しかも全ての科目に合格基準が設けられています。
そのため、試験範囲が広く、学習量が要求されます。

つまり、社会保険労務士は難易度の高い試験なのです。

しかしながら、正しい勉強法を理解することが出来れば、
知識がなくても十分に合格することが出来ます。

その正しい勉強法とは、少しでも良いと通信教育を受講するということなのです。

ですから、このサイトを利用して、良い社会保険労務士の通信教育の選び方を身に付けてほしいと思います。

確かに社会保険労務士は難易度が高く、合格するのが難しい試験です。
ただ、試験の特徴や攻略法を理解することが出来れば、
十分に合格できる試験なのです。
現に知識がまったくなく、0から社会保険労務士の勉強をしても合格した受験者は数多くいます。

このサイトでは何度も言っていますが、良い通信教育の見極め方をしっかりとマスターして下さい。
そして、必ず実行して下さい。

それが社会保険労務士に合格する最も早い近道です。