社会保険労務士の通信とは

社会保険労務に合格できる通信教育の法則(全体像編)

社会保険労務士に合格できる通信教育の法則は、
大きく分けて、3つあります。
細かなポイントは各ページで具体的に紹介していきますので、
ここでは大まかな全体像だけ確認して下さい。

まず1つ目は、講義です。
通信教育の講義と言うのは、自宅で見られるDVDやパソコン、
もしくは外出先で聴けるCD講義のようなものです。

次の2つ目はテキストについてです。
通信教育に限らず、どんな勉強をするにせよ、テキストは重要です。
このテキストが良くないものであれば、合格するのが非常に難しくなるので、
良いテキストを提供している通信教育を受講しなければなりません。

最後の3つ目は、受講料や受講生のサポートなどについてです。
ここも通信教育を受講する上で非常に重要なことですが、
多くの方は正しいポイントを理解していません。

その正しいポイントを理解できれば、いかにあなたの通信教育選びが間違っていたのか 納得できると思います。

これらの3つのポイントを次のページから詳しく紹介していきます。
そして、必ず全てのポイントに当てはまる通信教育を受講して下さい。
1つでもポイントに当てはまらない通信教育を受講してしまうと、
高い確率で社会保険労務士に不合格になります。

もちろん、通信教育は、テキストや講義を全て確認できるわけではないので、 ホームページ上でそのポイントがわかるようになっています。

逆にこれからお話するポイントが、ホームページ上に記載されていなければ、
それは良い通信教育ではないということです。

これからお話するポイントは非常に重要で、特に社会保険労務士の知識がない初級者ならなお更そうなります。
ですので、何度も読み返し、しっかりと内容を理解してください。