社会保険労務士の通信とは

社会保険労務に合格できる通信教育の法則(講義編)

社会保険労務士に合格できる通信教育で一番重要なのは、講義です。
ここが悪ければどんなに良いテキストであろうと、
どんなに受講生のサポートがしっかりとしていようと、高い確率で挫折してしまいます。

1、講義が付いている事
当たり前でありますが、講義が付いていなければ、通信教育を受講する意味はありません。 例えるなら、学校に通学して、毎日自習しているようなものです。

2、映像で見られる講義が付いている事
講義は必ず、講師や黒板などを見ながら学習できる、DVDやパソコンなどを用意している通信教育を受講して下さい。
何故なら、映像を見ながら講義を視聴することで、学習のイメージがわきやすく、
視覚効果も働き記憶効果も高くなります。

逆に音声だけのCDでは、勉強を理解することが難しく、記憶効果も薄れてしまいます。
そのため、学習効果がDVDやパソコンに比べ、格段に下がってしまうのです。

但し、外出先で学習する時のためにCD講義もあったほうが良いでしょう!

3、通信教育専用に撮影している講義である事
通信教育の講義は2種類あり、通信教育専用に撮影した講義か、
教室での講義をそのまま撮影した講義です。
良いのはもちろん、通信教育専用に撮影した講義です。

通信教育専用に撮影した講義だと、講師と目線を合わせながら講義が視聴できるので、 まるでその場で講義をしているような臨場感が生まれます。

逆に教室講義をそのまま撮影したものは、
教室の天井にカメラをぶら下げて撮影しているので、
講師と目線が合わず、講義を視聴しているというよりも、
まるで覗いているような感覚です。

また、生徒の雑音やインカムを付いて講義をしているので、講師の鼻息なども
聞こえてしまい、学習に集中できません。
その結果、勉強の理解が難しく、学習効果も下がってしまいます。

4、ハイビジョン撮影している事
通信教育の講義で重要なのは、映像の臨場感と迫力です。
そのために必要なのがハイビジョン撮影していることです。
ただ、多くの学校は通信教育専用に撮影していても、ハイビジョン撮影はしていないので、 講義を視聴していると眠くなります。

このハイビジョン撮影をしているか見分ける方法としては、
電子黒板を使っていることです。
電子黒板を使っていることは、ハイビジョン撮影していることに繋がっていきます。

対して通常の黒板やホワイトボードを使っている黒板は、
ほとんどは、家庭用のカメラを講師の目の前に据え置きにして撮影しているだけです。

ですので、ホームページで見られるサンプル講義で内容を確認して下さい。