社会保険労務士の試験日

社会保険労務士の試験日

社会保険労務士試験合格を目指すためには、試験日から逆算して、適切な時期に相応しい勉強が出来るよう、正しく学習計画を練る必要があります。

まずは社会保険労務士試験の本試験日ですが、これは例年【8月下旬の日曜日】となっており、今後も変わることはなさそうです。だいたいは第4週目の日曜日に設定されることが多く、つまり勝負は「夏の終わり」ということになります。

受験生の皆さんは、この「夏の終わり」に最大限の成果を発揮することが出来るよう、学習計画を立てていかなければなりません。
今からどのくらいの期間があるのか、
その間にどの程度学習時間を確保できるのか、
仕事やプライベートの予定も加味して今一度考えてみましょう。
一般に、社会保険労務士試験合格のために必要な期間は少なくとも6ヵ月、初学者が目指すなら最低1年間の受験勉強は想定しておかれるのが得策。
ネットの宣伝文句では「3ヵ月で」「超短期で」などと合格を謳うものもありますが、実際に学習計画を立てる際には慎重すぎるほど慎重に進めていく方が安心であると言えます。

ところで、社会保険労務士の試験日特有の課題として挙げられるのが「超直前期がお盆時期にあたる」ことです。
「しっかり時間がとれて良いじゃない」と思われるかもしれませんが、家庭のある方であれば、特に勉強に力を入れるべき時期が家族の休暇と重複してしまうため、頭を悩ませるかもしれません。
もっとも、お子さんのいらっしゃる主婦の方であれば、7月下旬から本試験日までが丸々学校の夏休み期間にあたるので、その点の対策も考えておく必要があるでしょう。

夏の終わりの試験日に向けて、ぜひ実現可能な計画を考えてみて下さい。